Topics
トピック ス
 First

はじめに
 Concept
コンセプト
 Service
サービス
 System
治療システム
 Menu
治療メニュー
 Implant
インプラント
 Case
症例
 Chair
診療室と設備
 Price
料金表
 Guide
医院のご案内
 Stuff
スタッフ紹介

 

審美歯科治療

審美歯科とは
 
 一部の宣伝に誤解を招く表現が多く見うけられますが、審美歯科とは単にホワイトニングで歯を白くすることや、セラミックの人口歯を貼り付けることではありません。根本的にはエクセレントデンティストリーにおける全ての歯科治療は、審美的結果を目標にしています。従って特別な技術や困難さがある訳ではありません。

 審美とは見た目のきれいさを意味します。日本では、少々見た目が悪くてもよく噛めれば良いではないかと言う価値観もありますが、米国などの文化では、スマイルとキスの重要性が最優先します。自分の最高の笑顔が人生全般に重要であることは、日本でも多くの人が気づいている時代になってきました。

 審美歯科とは、歯の色と形、配列、特に顔と唇に調和している事が重要です。また歯茎の色と形、見え方の調和も重要です。口元の骨格的なアンバランスも時に積極的に治療する場合があります。従って当院では、治療ジャンルとして、ホワイトニング、セラミック修復治療、総合的補綴治療,歯列矯正治療、歯周治療、歯周形成外科処置、審美インプラント治療、口腔外科的顎変形症手術等、症例によって多岐にわたる複雑な専門治療を組み合わせて総合的に行う治療システムのことを審美歯科治療と呼びます。
 

さぶり歯科の審美歯科

 さぶり歯科の審美歯科=Multi-Disiplinaly Approach=(Perio治療+修復治療+矯正治療+インプラント治療)総合的包括歯科治療を基本にアプローチを行います。
 今日審美歯科は全国的におお流行?しかし実際には学術的な正しい審美歯科治療と、今日宣伝でよく見かけるそれとは大きな隔たりがある様に思われます。
 特にホワイトニング(ブリーチング)を中心に、見かけ上の歯を白くすることばかり取り上げられていますが、これは審美歯科の必要条件の一部でしかありません。総合的にまた健康的に「審美と機能の調和」を目指すことが大切で、いつまでも良い状態が長持ちして初めて成功と言うことが出来るのです。従って審美的必要条件は、歯列が顔貌と口唇に調和していること。そのためには口元(顔全体の下方3分の1)全体が美しくバランスが取れていること。歯列・歯並びが美しく整列していること。歯そのものの色・形態が美しいこと。歯肉の形態や色が美しく調和している事があげられます。従ってその全ての条件を満たすためには以下の全ての治療が必要となることが多いのです。

 
総合的審美歯科治療

■ホワイトニング
■審美修復治療
■矯正歯科治療
■歯周治療(歯周形成外科処置)
■審美インプラント治療
■これらのコンビネーション治療

 


審美歯科治療の概要
 
n 美しいスマイルの条件
 

美しい歯並び

美しいスマイル

美しい顔貌


n 審美歯科治療の種類
 

インプラント

クラウン・aaaa
ブリッジ

ラミネートaaaa
ベニア


n 審美歯科治療のための材料
 

プロセラaaaaaa
(オールセラミック)

ZiReal Post

CR             
(光重合レジン)


審美歯科治療の症例
 
治療前
ああCase01ああ30代女性
 Case02ああ56歳男性
 Case03ああ50歳女性
APF-CTGを用いた前歯修復10年後の術後経過
 Case04ああ60歳男性
 Case05ああ61歳男性
 Case06ああ43歳男性
 Case07ああ56歳男性
 Case08ああ42歳男性
 Case09ああ48歳女性
 Case10ああ45歳男性
 Case11ああ46歳女性
 Case12ああ27歳男性





<< BACK

トップ トピックス はじめに コンセプト サービス 治療システム 治療メニュー インプラント 
症例 診療室と設備
 料金表 医院のご案内 スタッフ紹介