Topics
トピック ス
 First

はじめに
 Concept
コンセプト
 Service
サービス
 System
治療システム
 Menu
治療メニュー
 Implant
インプラント
 Cases
症例
 Chair
診療室と設備
 Price
料金表
 Guide
医院のご案内
 Staff
スタッフ紹介

矯正歯科治療


矯正歯科治療例 反対咬合(受け口)

Case 6 43歳 女性

初診時の所見

重度の骨格性下顎前突症(受け口)であり、骨格の顎変形も著明で、大学病院で入院して顎切りの手術が必要な症例であった。

さらに重度の歯周病が併発し、保存できない歯牙も多数存在していた。

治療前の全体像

術前の5枚法による全体像

著名な反対咬合の所見が認められす。

矯正治療中

大規模な外科手術は拒否され、少々限界がありますが、特殊な成人矯正を選択されました。

下顎は、ミニインプラントを用いた成人矯正を行いました。

下顎前歯部の矯正移動に限界が生じ、PAOOと呼ばれる特別な外科処置を行うことで、

急速に大きな矯正量の矯正を行うことが可能となります。



治療後の状態


通常では入院を伴う顎切りの外科矯正を行わなければこれほどの大きな移動は困難で、

重度の歯周病の治療も同時に行いました。


受け口が改善されました。

トップ トピックス はじめに コンセプト サービス 治療システム 治療メニュー インプラント 
症例 診療室と設備
 料金表 医院のご案内 スタッフ紹介