Topics
トピック ス
 First

はじめに
 Concept
コンセプト
 Service
サービス
 System
治療システム
 Menu
治療メニュー
 Implant
インプラント
 Case
症例
 Chair
診療室と設備
 Price
料金表
 Guide
医院のご案内
 Stuff
スタッフ紹介

 

矯正歯科治療

外科矯正治療
 
専門の口腔外科であごの骨を切断する矯正治療
特に強い受け口など顎骨の骨格的な変形を伴う症例では、矯正治療だけでは限界があり、大学病院等専門の口腔外科であごの骨を切断し、上下のあごの骨のバランスを改善することと、矯正治療を併用して理想的な顔の形態を作り上げる総合的治療を行います。
外科矯正治療の流れ
検査・診断
レントゲンや歯列模型、顔貌・口腔内写真などの資料を採取して検査・診断します。
OPE前の矯正治療
病院でOPEする前に上下顎の歯列を矯正してきれいに並べます。
OPE
大学病院等、専門の口腔外科であごの骨の切断手術をうけます。
OPE後の矯正
あごの骨の切断手術のあと、元の歯科医院で微調整を行います。
矯正終了
ブラケットを外した後は、歯が動いた後の骨の状態やその他の歯周組織が安定するまでリーテーナーという装置をつけていただきます。リテーナーの装着を怠ると、歯が元の位置に後戻りしたりします。