Topics
トピック ス
 First

はじめに
 Concept
コンセプト
 Service
サービス
 System
治療システム
 Menu
治療メニュー
 Implant
インプラント
 Case
症例
 Chair
診療室と設備
 Price
料金表
 Guide
医院のご案内
 Stuff
スタッフ紹介

 

矯正歯科治療

A.O.O.(Accelerated Osteogenic Orthodontia)
 
歯周外科を応用した治療(コルチコトミー)
顎の骨を切断する外科矯正とは異なり、小範囲の皮質骨切除手術を行い歯を動きやすくしてから矯正治療を行うことにより治療期間を大幅に縮小、よりダイナミックな移動を行うことができる治療方法です。また、ぺリオ(歯周病治療)も同時に行うこともあり、これをP.A.O.O.といいます。
A.O.O.を用いた矯正治療の流れ
矯正前
上顎の前歯が下顎の前歯よりかなり前に出ていて覆いかぶさるようになっています。
A.O.O.
歯槽骨にドリルで穴をあけ、歯が動きやすくします。(図は上顎) 歯槽骨の断面から見た図
です。 (図は下顎)
実際のOPEの様子。
約11ヶ月後
通常だと、このくらいになるまで1〜3年かかります。
最終補綴治療後
最終的には、歯茎のラインも整え、セラミックスで製作された補綴物を装着して審美的にも美しく治療します。
A.O.O.は、歯のダイナミックな移動にも有効
このように、前歯が大きく前に出ているケースでも、A.A.Oを用いれば、ダイナミックに引っ込めることができます。
口元の変化。かなり前に突き出ていた上唇が、後方へ引っ込み、口元がすっきりしたのが分かると思います。
MTM(部分的矯正治療)
   
部分的にのみ行う矯正治療
普通の矯正治療では、全体の歯を動かしてきれいに並べますが、特に成人で欠損や歯周病などさまざまな歯周疾患も併発して歯が移動してしまって、部分的にだけ歯を動かしたいことがあります。このような時に局部の必要最低限の矯正治療だけを行います。