Topics
トピック ス
 First

はじめに
 Concept
コンセプト
 Service
サービス
 System
治療システム
 Menu
治療メニュー
 Implant
インプラント
 Cases
症例
 Chair
診療室と設備
 Price
料金表
 Guide
医院のご案内
 Staff
スタッフ紹介

 

咬合治療・顎関節治療

咬合治療
 
 近年「「顎関節症(がっかんせつしょう)」でお困りの方が増加していると思われます。放置すると症状が悪化し、治療困難になる事があるので、適正な治療をお勧めします。顎関節症の原因は:事故による外傷、リウマチ性疾患や、心身症など不明確な場合もありますが、大部分は咬み合わせに異常があることが多く、不正咬合や、不適切な歯科治療が原因と成る事があります。

治療としては:重症の場合には大学病院での外科的治療が必要な場合もありますが、通常は「咬み合わせ治療」が中心となります。その他に、消炎鎮痛剤投与、口の開閉運動訓練等を併用する事があります。咬み合わせ治療とは、上下の顎の位置のずれを治し、咬合のバランスをとる事です。具体的には、


             

@

スプリント療法:

プラスチック製のマウスピース様の装置を利用し、顎の位置を補正する。

A

咬合調整:

歯を少量づつ削って調整する。

B

矯正歯科治療:

歯の位置を移動させてバランスをとる。

C

咬合の再構成:

冠やブリッジを利用して、上下の歯の咬み合わせを理想的な形に作り変える事。


などがあります。治療については、かかりつけの歯科医とじっくり相談する事が必要です

 

頭部X線規格写真(セファログラム)による顎顔面骨格の分析。 頭部X線規格写真(セファログラム)による咬合機能分析。


 

 

正しい噛合わせ
 
正常な咬み合わせの状態です。上の歯が下の歯を覆っており、交互に噛み合っています。






人間の噛み合わせは常に複雑で精密な構造をしています。

噛合わせの異常
 
噛合わせで、一部高いところがあると、その影響で、下顎が前へスライドします。
下顎全体がスライドすることにより、下顎の前歯が上顎の前歯を押し出し、上顎前突いわゆる”出っ歯”になります。
この一部高いところを修正してやれば出っ歯を治療することが出来ます。


 


顎関節症
 
顎関節症とは
噛合わせが悪いと、顎関節に負担がかかり関節包がつぶれたり、軟骨に悪影響を与え顎関節症になります。
顎関節に負担がかかるのは、食べ物を噛んでいる時よりもむしろ夜寝ているときの歯ぎしりのほうだといわれています。
 
Physiological Reference Position
(PRP)
正常な顎関節
Deranged Reference Position
(DRP)
異常のある顎関節


 


治療
 
スプリント療法
顎関節症の治療方法の1つとして、スプリント治療(マウスピース)があります。  


 


<< 治療メニュー


トップ トピックス はじめに コンセプト サービス 治療システム 治療メニュー インプラント 
症例 診療室と設備
 料金表 医院のご案内 スタッフ紹介