Topics
トピック ス
 First

はじめに
 Concept
コンセプト
 Service
サービス
 System
治療システム
 Menu
治療メニュー
 Implant
インプラント
 Case
症例
 Chair
診療室と設備
 Price
料金表
 Guide
医院のご案内
 Stuff
スタッフ紹介

 

Restorative Dentistry 修復治療(補綴治療)

補綴治療(欠損補綴)
 
  補綴治療とは、歯を削って被せ物を作製したり、けっそんがあればBridgeを作製したり、或いは取り外し式の義歯(部分入れ歯〜総入れ歯)を作製して患者様の顎に装着する治療法の総称です。どの歯科医院でも基本的な歯科治療として補綴治療を行いますが、技術の違いによっていかに精密に適合させるか、いかに正確に上下の歯の咬み合わせを調整するかが勝負なのです。このためには、より精密な形成(歯を削ること)と印象(歯型を取ること)、また非常にスキルの高い歯科技工士が丁寧に人工物を 作製するかが大きな結果の差となってきます。当医院では最高の機材と材料、最善の努力によって完璧な補綴治療を全ての患者様に提供する努力をいたします。

審美修復治療
補綴物装着とは
症例

テンポラリーデンチャーのケース

インプラントが使用できるまで一時的に仮義歯として上顎前歯部の2歯欠損に対しPD(部分床義歯)を作製します







 

 
治療の流れ(セラミックブリッジのケース)
3本Bridgeの手順
 
大臼歯の形成(歯を削ること)
 
大臼歯の形成完了
 
続いて小臼歯の形成
 
両サイドの歯牙を形成し、Bridgeの印象(歯形)をとる。 3本分のセラミックのBridgeを作製
印象(歯型採り)
補綴物装着とは
 
セラミックの3本Bridgeの完成    

デンチャー(入れ歯)の問題点
(歯を失う事)により顎堤は細く吸収してしまいます。
やせ細った顎堤では条件が悪く、適切なデンチャー(義歯)を作製する事が困難になってしまいます。

 

  義歯の吸着のメカニズム  
 
比較的条件が良い顎堤
 
少し吸収した顎堤

 
不適切な義歯を使用すると更に顎堤は吸収してしまいます。 歯槽骨がすべて吸収し、全く顎堤がなくなってしまったケース

 


<< 治療メニュー  補綴物装着とは>>


トップ トピックス はじめに コンセプト サービス 治療システム 治療メニュー インプラント 
症例 診療室と設備
 料金表 医院のご案内 スタッフ紹介